サターン用RGBケーブルの改良方法

トップ > ビデオゲーム > サターン > 環境設定 > RGBケーブル

最終更新日 2017年10月21日

サターンにはセガから純正のアナログ21ピンRGBケーブル(HSS-0109)が出ていましたが、正直に言ってあまり良い品質ではありません。ちょっとマニアックな話になってしまうのですが、GNDをあまりにもおろそかにしているせいで、映らないモニターがあったりしますし、基本的に音がNoisyです。

対処法ですが、以下の製品を利用することをお勧めします。これらは、無改造の状態で改造済み純正ケーブルより高品質です。

3Aカンパニー製のケーブルは、うちのRhea搭載灰サターン(BIOS Ver.1.0)だと、周期的にセピア色になる問題が発生しました。ダービースタリオンモデルのサターン(BIOS Ver.1.1)だと前記の問題は発生しません。うち固有の問題なのか、BIOS Ver.1.0な本体なのが原因なのかなど、詳細は不明です。なお、接続先はXSYNC-1経由でのXCAPTURE-1(スルーOut)→ブラウン管モニタです。

上記のケーブルを購入することをお勧めしますが、以下に純正ケーブルの改造法も一応記載しておきます。かつてこのページを作成した時は、上記の製品は発売されていなかったため、自分で直すしかなかったのです。


1.準備するもの

必要になるものは、

  1. サターン用RGBケーブル
  2. 21PINコネクタ

です。あとは、はんだごてと半田、ニッパーなんかも必要です。

21PINコネクタは秋葉原だと200~500円くらいで買えます。2016年4月時点でもラジオセンター内の山本電機で売ってました。

2.改造法

アナログRGB 21PINのピンアサイン

まず、アナログRGB 21PINのアサインについて記述しておきます。

接続面から見ますと以下の通りです。

接続面から見た図

21番は外周です。

半田面から見ますと、こうですね。

ハンダ面から見た図

で、ピンの持つ意味を表にします。

21ピンアサイン
ピン番号 信号 SS用ケーブルでの配色
1 音声(L) 赤色
2 - -
3 GND -
4 - -
5 音声(R) 白色
6 - -
7 GND -
8 - -
9 同期信号 茶色
10 - -
11 +5V 黒色
12 - -
13 GND -
14 GND -
15 黄色
16 +5V 黒色
17 GND -
18 GND -
19 青色
20 緑色
21 GND シールド線

表の「SS用ケーブルでの配色」というのは、私が買った サターン用RGBケーブルが過去2個とも同じ配色だったので記述しましたが、貴方の購入したものが同じだとは限りません。実際にどのピンにどの色のケーブルが繋がっているかは各自ご確認ください。

実際の改造

実際の改造ですが、新しく買ってきた21PINコネクタに今までと同様に配線し直して、純正コネクタだとピンがついていないGNDに配線追加してやるだけです。

具体的に書きますと、まずケーブルを好きなところで切ります。それから、切り口から中の配線を解き出してください。外側の網目状にシールドしている線がGNDなので、ほどいたら外で寄り合わせます。その後、この線を13・17・18・21番ピンに配線します。他のどの端子とも接触しないよう、十分に注意してください。 後は、元の21ピンコネクタと全く同じように配線するだけで改造は終わります。3・7・14番ピンにもGND配線した方がより良いのですが、とりあえず家では上記だけでそれなりに安定して動いていました。なお、RGB各色にコンデンサを入れた方がよいようです。

3.最後に

以上1997年秋にセガ・サターンBBSにMRT氏が投稿されていた文章を元に、私の体験をふまえて加筆・修正しています。

©1998-2017 MDBBSの残党