[SS03]サターンちょっといい話

トップ > ビデオゲーム > サターン > ちょっといい話

最終更新日 2016年5月30日

セガサターンのちょっとしたことについてのコーナーです。


目次

  1. 一部のサターンで動かないソフトについて
  2. 電源を入れる度に時刻設定画面になる場合
  3. パワーメモリーが認識されない場合

1.一部のサターンで動かないソフトについて

スペースハリアーとアウトランの発売初期版は、廉価版サターンであるミストグレーのセガサターン(通称白サターン)やスケルトンサターンだと正常に動かない可能性が非常に高いです。スペースハリアーは、ゲームをスタートするとコマ送りになりますし、アウトランは正常に起動しません。

で、どうすれば良いかと言いますと、セガのお客様相談センターに電話すれば、『着払いで結構なので、送付していただければ、修正版と交換させていただきます』という感じの返答を得ることが出来るはずです。つまり、スペースハリアーにしてもアウトランにしても、ミストグレーのサターンやスケルトンサターンで正常に起動する修正版が出ているので、それと無償で交換してもらえるのです。

セガサターンBBSの投稿によると、2003年4月21日の時点でも、交換を受け付けていたそうです。2016年現在は不明です。

2.電源を入れる度に時刻設定画面になる場合

内蔵の電池が切れている可能性が非常に高いです。サターン左後ろのスロットに入っていますので、交換すれば直ると思います。電池はCR2032というリチウム電池で、コンビニエンスストアや100円ショップなどでも買える、入手しやすい電池です。

3.パワーメモリーが認識されない場合

サターンのカートリッジスロットは非常にデリケートなので、パワーメモリーやRAMカートリッジが認識しなくなることが多いようです。そんな時には、パワーメモリーやRAMカートリッジの接触部分をクリーニングすると認識するようになることが多いようです。無水エタノールピカールケアー接点復活剤などを活用してください。最近だとゲーム用を謳ったクリーニング・メンテナンス製品も出ていますので、そちらでも構いません。

ちなみに、基本的に抜き差ししなければ認識しなくなることも起きづらいので、パワーメモリーにしろ拡張RAMカートリッジにしても、なるべく抜き差ししないようにした方が良いです。当時はそれぞれ専用のサターンを準備してた人もいるとか、いないとか。

©2001-2016 MDBBSの残党