サターンのBIOSの吸い出し方について

トップ > ビデオゲーム > サターン > 環境設定 > BIOS吸出し

最終更新日 2020年2月1日

セガサターンのBIOSを吸い出す方法についてのページです。

概要

サターンエミュレータでサターンのBIOSが必要になったときに、ホワイトなBIOSを使いたい人のためのガイドです。かつてはサターン用プロアクションリプレイ2とプロコムズリンクを使う方法が主流だったようですが、2020年現在のPCにはISAバスがないですし、もっと手軽に吸い出せるツールが有志により提供されていますので、そちらを利用する方法を記載します。

必要になるものは以下の3つとPCだけです。

BIOS吸出し手順

以下の手順で吸い出します。

  1. SDカードを装着したSaturn Gamer's Cartridgeをサターン本体のカートリッジスロットに差し、本体の電源オン

  2. Pseudo Saturn Kai 起動画面でBボタン押下

    Pseudo Saturn Kai 起動画面

  3. Pseudo Saturn Kai メインメニュー画面でExtraを選択し、Aボタン押下

    Pseudo Saturn Kai メインメニュー画面

  4. Pseudo Saturn Kai Extraメニュー画面でSystem Info & Dumpを選択し、Aボタン押下

    Pseudo Saturn Kai Extraメニュー画面

  5. 確認画面でスタートボタン押下

    確認画面

  6. 以下の結果画面が表示されたら吸出し完了

    動作結果画面

なお、吸い出したBIOSファイルは、SDカードの \DUMP\BIOS.BIN です。


おまけ

セーブデータのバックアップ

Saturn Gamer's Cartridge はサターンのセーブデータをバックアップすることもできます。といいますか、起動時に自動的にSDカードに保存されます。かんたんにPCにサターンのセーブデータのバックアップを取れるようになって便利ですね。

動作結果画面

なお、自動的に吸い出されたセーブファイルは、SDカードの \SAVE\AUTODUMP に保存されています。拡張子はBUPです。

あと、サターン用フロッピーディスクドライブにアクセスすることも可能です。これらにより、サターン用デザエモンユーザにとっては必携レベルのアイテムになっているようです。

Saturn Gamer's Cartridge Firmware更新手順

自分のためのメモの意味で書いておきます。

  1. Pseudo Saturn Kaiから最新版のアーカイブをダウンロード

  2. 1でダウンロードしたファイルを展開し、flasher.bin をSDカードにコピー

  3. 2でファイルを入れたSDカードをSaturn Gamer's Cartridgeに差し、サターン本体にセットした上で本体の電源オン

  4. Pseudo Saturn Kai 起動画面でBボタン押下 → Start Homebrew選択 → SD Card選択 → flasher.bin 選択 → インストールするFirmware選択

  5. 最終確認画面で A+B+Cボタン押下

参考になるWebページ

©2020 MDBBSの残党