セガサターンでのODE(仮想CD-ROMドライブ) Satiatorについて

トップ > ビデオゲーム > サターン > 環境設定 > ODE(仮想CD-ROMドライブ) > Satiatorについて

最終更新日 2021年7月1日

サターン本体の改造が一切不要なODE "Satiator" についてのコーナーです。


目次

  1. 概要
  2. 対応ソフト
  3. サターン本体への組み込み
  4. イメージファイルについて
  5. ODE用ストレージの選択
  6. ODE用ストレージの構成
  7. ファームウェアの更新
  8. Save Game Copierについて
  9. その他

1.概要

サターン用ソフトは全てCD-ROM媒体で発売されましたが、これをイメージ化したものをSDカードやSSDに入れ、サターン実機で読み取れるようにするユニット "ODE" (Optical Drive Emulator, CD-ROMドライブエミュレーター)が海外で開発されてます。2021年1月から一般販売が始まったSatiatorは、ここまでのODEと異なり、サターン背面のムービーカード用スロットを使うため、従来通りに直接CD-ROMからゲームを読み取ることも、ODEによりSDカードに入れておいたCDイメージからゲームを遊ぶこともできるのが特長です。これをサターン本体に組み込むことで、CD-ROMメディアおよびCD-ROM機の欠点である「ロードに時間がかかる」「ディスクが痛みやすい」「ディスク読み取り部品の耐久性が低い」などをあるていど克服することができます。

この文書では、SatiatorにてサターンでODEを使うのに必要な情報を記載します。以下には自分で試したことやWebなどから知りうる限りのことを書いておきますが、間違っているかもしれません。

なお、ゲーム中にソフトがCD-ROMにアクセスする際は前後に多少のマージンが入るようプログラミングされているため、ODEにより直接アクセスする時間が短縮してもROMカートリッジのようにサクサク進行するようになるわけではありません。過度の期待は禁物です。

見た目はこんな感じ(中央左)で、当然ムービーカードと同サイズです。ゲームギアミクロは大きさの比較用です。

Satiator

私がSatiator公式サイト - Buy Oneから2021年1月に購入したときは本体259.99 USD + 送料34.86 USDに関税が2,600円かかりました。

対応本体

サターン本体の種類は問わないようです。ただし、ナビサターンだけは電池蓋と少し干渉すると聞いています。

2.対応ソフト

当然ですが、ムービーカード専用ソフトである "ルナ シルバースターストーリー MPEG版" は遊べなくなります。ムービーカード対応ソフトも当然ムービーカードなしのときと同じ状態でしか遊べません。軽くしか試していませんが、手持ちソフトで前記に該当しないものは今のところ問題なく遊べています。

3.サターン本体への組み込み

下記写真のようにサターン背面にあるムービーカード用のスロットに差すだけです。Satiatorをサターン本体に差したまま、CD-ROMイメージを入れたSDカードの抜き差しができます。ただし、サターン本体のバックアップ用リチウム電池(CR2032)のバッテリが切れていると動作しないので注意してください。

背面スロットに差し込んだSatiator

サターン本体のコアが故障しているのか、CD-ROMドライブが故障しているだけなのかを調べるのも容易にできていいですね。CD-ROMドライブが故障しているだけならいずれかのODEを組み込むことでサターン本体がよみがえります。

4.イメージファイルについて

対応フォーマット

公式サイトで"bin+cue", "img+cue", "wav+cue", "iso"フォーマット対応と書かれています。これから新規にイメージを作る人は"bin+cue"が無難だと思います。"bin+cue"フォーマットでのROMイメージの作成の仕方についてはサターン用ODEメニューページをご覧ください。

5.ODE用ストレージの選択

SanDiskあたりのClass10以上のSDカード(microSDではありません)でいいでしょう。SDカードの容量は手持ちのゲームを全部イメージ化して適切なサイズを選んでください。CD-ROM1枚あたり0.5GBで見積もればまぁだいたい合っているとは思います。フォーマットはexFATとFAT32に対応しており、最大容量の制限はありません。

参考までに私の使っているSDカードを上げておきます。秋葉原Heyの裏で適当に買いました。

SDカード

6.ODE用ストレージの構成

メニュー用の実行ファイル「menu.bin」をルート直下に置きます。ゲームのイメージファイルはルート直下に全部おいてもいいですし、任意に階層化してもかまいません。私は下記のようにジャンルごとにフォルダ分けしています。

Satiator ストレージ構成

上記構成でサターン本体を起動すると、以下のように表示されます。

Satiatorメニュー

7.ファームウェア(Firmware)の更新

機能追加やバグフィックスがされることがあるので、なるべく最新版を使いましょう。

更新手順は極めて簡単です。最新のファームウェアをSatiator Wiki - Software Updatesからダウンロードしてからメディアのルートにコピーし、Satiatorに差してサターンを起動すると自動的に更新されます。Firmwareの更新中はサターン本体の電源を切らないようにしてください。

8.Save Game Copierについて

公式サイト - Menu User Guideで紹介されている "Save-Game-Copier"を使えば、本体内およびパワーメモリー内のセーブデータをSatiator上のSDカードにバックアップできます。また、BIOSの吸出しも可能です。詳細は "Save Game Copierについて" に記載しておきました。

9.その他

特に設定するとこもなく、何か間違えるようなこともないと思いますが、トラブルが起きたときはまずは公式サイトの Troubleshooting を見てください。というか、公式サイトの Getting Started くらいは最初に読んでおきましょう。

2021年7月1日時点の最新ファームウェアv156/v157では、ゲームを切り替えるのにサターン本体の電源を一度オフにする必要があります。他のODEのようにA+B+C+StartでのソフトリセットでODEメニューに戻れるようになって欲しいですね。あと、メニューの上下が繋がっていないのも改善して欲しいです。

2021年3月にリリースされたFirmware v157は一部のSatiatorでメニューが起動しなくなる問題があったようで、2021年7月1日現在公開停止されています。うちでは問題おきていませんが、該当する場合はv156を使えばよいでしょう。

チートツールとの連携もあるようですが、これに限らず個人的に興味がないので割愛します。

©2021 MDBBSの残党